*

ネットとリアルの人狼の差

インターネットを使った人狼ゲームと実際に顔を突き合わせて話すリアルの人狼ゲームとでは、システムや遊び方の違いからもちろん差があります。ここでは、ネットとリアルの差を書き出してみたいと思います。

人狼同士のコミュニケーションの有無

一番の差は、人狼同士のコミュニケーションが可能か否か、だと思います。

掲示版やチャット形式の人狼ゲームだと、夜のターンで人狼だけで会話が行えたり、昼間であっても村人に知られることなく人狼だけで会話ができたりします。

リアルで人狼ゲームを行なうと、大抵の場合人狼が誰かをお互い認識することができるだけで、話して作戦をたてたりできません。

全員テーブルに顔を伏せ、人狼だけが顔をあげた状態でトークなんてできませんよね。

身振り手振りやハンドサインで作戦を決めるなど、高度なテクニックもあるでしょうが、普通はできません。

このことから、リアルの人狼ゲームでは人狼同士の意思疎通が難しいため、複雑な作戦が遂行できません。

その点、ネットの人狼では存分に人狼同士で作戦会議ができるため、組織票や身内切りなど、お互い十分納得して進めることができます。

この差によって、初心者にとってどちらが向いてるかというのは一概には言えません。

ネットのほうが複雑て高度ですが、自由に話せるので、パートナーの人狼が上級者であればアドバイスしてくれるからです。

リアルだと、高度な作戦にはなりませんが、自分自身で考えて動かなくてはいけません。

五感による情報の有無

ネット上では、モニタに映しだされたテキストの内容だけでゲームを進めます。よって、その内容が最も重視されます。(というかそれしか情報はない)

※話すタイミング(遅いとか早いとか)も情報になります。

また、ネットの場合、過去の話した内容(ログ)をいつでも確認できるため、内容の矛盾点などが探しやすく、ロジカルなゲームになります。

リアルの場合は、話した内容、話し方、仕草などの情報を元にゲームをすすめます。本来はプレイヤーが話す内容を元に推理すべきですが、話し方や仕草がノイズになることもあれば、逆にヒントになることもあります。

人外だと疑われて顔をっ赤にする人がいた場合、それは村人が疑われて怒ったからなのか、本当に人外でバレて焦ってるのか、どちらか推理します。そういう推理もリアル人狼の醍醐味でしょう。

また、話したことをメモなどしておかなければ、記憶に頼った推理を行なうことになります。

破綻したことを言っているプレイヤーがいたとしても、そのプレイヤーの過去の発言を忘れていてはその破綻に気づけません。

ロールプレイングの有無

ネット上では、人狼BBSのように、何かの役になりきってプレイすることが可能です。それもゲームの一部として楽しむことができます。

しかしリアルでは、23歳のOLプレイヤーに「あなたは木こりのトーマスです」と役をつけても、うまくロールプレイングなどできないでしょう。よって、リアルではその人本来の素の姿でプレイします。

もちろん、仮装してリアル人狼するなど、そこまでやればロールプレイングも可能かもしれません。

関連記事

人狼2名が共有を騙る

人狼2名が共有者を騙って人狼に勝機はあるのか? 配役 人狼2、狂人1、占い師1、狩人

記事を読む

【アプリ】ぷち人狼考察

アプリのぷち人狼の考察です。このアプリで出てくる役職は以下の6つ 人狼 狂人 狩人:

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人狼アイドルのミュージックビデオ初公開!

人狼アイドルのデビュー曲 【ドキドキ・シークレットラブ】 ミュージ

人狼ハウス名古屋店オープン

初心者でも気軽に人狼ができる人狼HOUSEに新しく名古屋店がオープン

【挑戦者募集】人狼アイドルとピグパで人狼対決!

10月2日(日)10:00から放送予定のFRESH! by Abem

【全国の議員が集結】政治家人狼【生放送】

全国から政治家を集めて人狼バトル! 本物の弁士の話術とは!? ■放

人狼アイドルオーディション

【人狼アイドル】を人狼HOUSEと株式会社人狼が生放送でオーディショ

→もっと見る

PAGE TOP ↑